ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年05月22日

ドイツサッカー連盟、フランクフルトとマインツに罰金を請求

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ドイツサッカー連盟スポーツ裁判所は水曜、1.FSVマインツ05とアイントラハト・フランクフルトに対し、「スポーツマンシップに反する行為」のため罰金を請求する判断を下した。

 フランクフルトは3月11日に行われたデュッセルドルフ戦にて16個、さらに2月24日に行われたハノーファー戦前にも2つの発煙筒が用いられており、1万7000ユーロの罰金を請求。

 一方のマインツは、3月9日に行われたグラードバッハ戦にて、ファンの一人がピッチ内に侵入したために3000ユーロが請求されている。

 両クラブとも処分を受け入れており、すでに確定済みとなった。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報