ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年06月02日

ブンデス18クラブが代理人に支払った金額一覧(2017/18シーズン)

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 2018/19シーズンおわって間も無くして、ドイツサッカーリーグ機構は昨シーズンのブンデス各クラブの財務状況について発表。いったいブンデス各クラブは、どれほどの金額を代理人へと支払っていたのだろうか?当時ブンデス1部で戦っていた18クラブをランキング形式で見ていこう。

【18位:FCアウグスブルク】222万ユーロ(リーグ戦12位)

【17位:アイントラハト・フランクフルト】367万4000ユーロ(リーグ戦8位)

【16位:ハノーファー96】378万4000ユーロ(リーグ戦13位)

【15位:ヴェルダー・ブレーメン】448万3000ユーロ(リーグ戦11位)

【14位:ヘルタ・ベルリン】508万ユーロ(リーグ戦10位)

【13位:ハンブルガーSV】536万2000ユーロ(リーグ戦17位)

【12位:ボルシア・メンヒェングラードバッハ】643万ユーロ(リーグ戦9位)

【11位:SCフライブルク】648万9000ユーロ(リーグ戦15位)

【10位:1.FCケルン】751万ユーロ(リーグ戦18位)

【9位:1.FSVマインツ05】853万8000ユーロ(リーグ戦14位)

【8位:TSGホッフェンハイム】943万5000ユーロ(リーグ戦3位)

【7位:VfBシュトゥットガルト】1078万ユーロ(リーグ戦7位)

【6位:FCシャルケ04】1535万5000ユーロ(リーグ戦2位)

【5位:RBライプツィヒ】1948万2000ユーロ(リーグ戦6位)

【4位:VfLヴォルフスブルク】2160万3000ユーロ(リーグ戦16位)

【3位:バイエルン・ミュンヘン】2239万000ユーロ(リーグ戦1位)

【2位:バイヤー・レヴァークーゼン】2269万2000ユーロ(リーグ戦5位)

【1位:ボルシア・ドルトムント】4092万3000ユーロ(リーグ戦4位)
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報