ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年06月06日

フライブルク、シュロッターベック兄弟と長期契約を締結

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 今季のフライブルクにおいて話題となったのが、二人の若手ケヴェン・シュロッターベックと、ニコ・シュロッターベックの兄弟だ。まず22歳のケヴェンが、負傷が相次いだことから第20節にブンデスリーガデビューを果たし、さらにリーンハルトの負傷で今度はニコの方がトップチームから招聘。こちらは19歳でブンデスリーガデビューを果たし、出場したヘルタ戦ではフレッシュさの中に、落ち着きも見て取れていた。

 確かに1つ屋根の下で育った兄弟ではあるものの、フライブルクに車での道のりは全くことなるものだった。ケヴェンはアマチュアクラブのバックナングから2017年にフライブルク入り、一方のニコはカールスルーエのユースセンターにて育成されて加入。「全くことなる状況での加入だが、二人ともここで素晴らしい成長をみせた。ブンデスの舞台でも落ち着いたプレーをみせている」と、クレメンス・ハルテンバッハSDは評価。「彼らの今後に向けて明確なプランを思い描いているし、長期契約を締結できてうれしく思うよ」と喜びを見せた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報