ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年07月09日

バイエルン、サネとの交渉は今週?トルコ代表FWにも関心

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 10年来にわたり両ウィングを支えてきた、ロッベンとリベリが昨季限りで退団し、その穴埋めをめざしているバイエルン・ミュンヘン。そこで獲得を目指しているのがドイツ代表FWリロイ・サネだ。

 これまで同選手が所属するマンチェスター・シティとは、1億ユーロとも言われる移籍金額に開きがみられており、バイエルンが減額を目指すにはサネが是が非でもバイエルンに移籍するという意思を示す必要がある。

 これまでは代表参加により休暇中にあった同選手とは、今週中にも話し合いが行われる見通しだが、ただ今の所はまだサネからは、そこまでバイエルン移籍への強い意思は感じられていない。
 
 その一方でkickerが得た情報によれば、バイエルンはジェンギズ・ウンデルに対して関心を抱いている模様。トルコ代表として19試合でプレーしてきた21才のウィンガーは、これまで52試合にプレーして10得点9アシストを記録してきたASローマとは、まだ2022年までの契約を残しているところだ。

バイエルン、ヘンリクスもリストアップ

 またバイエルンはドイツ代表として、U21欧州選手権に参加していたベンヤミン・ヘンリクスもリストアップ。かつてレヴァークーゼンにてプレーしていた同選手は、両サイドバックのみならずボランチとしても起用可能。ASローマとの契約は2023年まで残されている。
 
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報