ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年07月25日

シェルトン・カイリー、2部フュルトにレンタル?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 今冬にスポルティング・カンザスシティから、当時2部のSCパダーボルンへと加入したシェルトン・カイリー。しかしながらここまでわずか2試合の出場のみに止まっており、26才の米国人は実戦経験を積むためレンタル移籍に出される模様。

 そこで地元紙ノイエン・ヴェストフェリッシェン・ツァイトゥングは、2部具ロイター・フュルトのスカウトを務めるメールマン氏が、ザントハウゼンとのテストマッチを視察していたと報道。

 パダーボルンでマネージャーを務めるプルゾンジーノ氏は、ポリバレントなFWに対して「いくつか問い合わせはきている」と認めており、もしも加入となればフュルトにとって、グリーンとパーカーに続く3人目の米国人選手ということになる。

 その一方でパダーボルンは、フェリックス・ドリンクートを3部ハレシャーFCにレンタルすることを発表した。昨季にも3部ロッテにレンタル移籍していたMFは、そこで16試合に出場。ブンデス1部、そして2部ではまだ出場機会を得られていない。

 またアフリカカップ3位となったナイジェリア代表にて活躍をみせたジャミル・コリンズについては、それでもこのままパダーボルン残留の流れにあるようだ。同選手の代理人は興味は寄せられているとしながらも、プルゾンジーノ氏は「具体的なものはないし、構想に入れている」と語った。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報