ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年08月17日

ブンデスリーガ1〜3部、昨年の罰金総額が約4億円

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ドイツサッカー連盟は昨シーズンの1年間にわたり、ブンデス1部から3部のクラブに対して、合計326万9050ユーロ(日本円で3億8564万円)の罰金処分を課していたことを発表した。これは昨シーズンに記録した220万7400ユーロよりも約50%増しという結果であり、さらにその前のシーズンに記録した185万700ユーロと比較するならば75%増しにまで及ぶことになる。なお昨年からドイツサッカー連盟では、処罰のそれぞれに案件について、細かく明文化しており、そのお金は非営利目的でサッカーに対して使用するように対応している。

 なお今年ではパイロテクニクス1機に対する罰金が、ブンデス1部1000ユーロ、2部600ユーロ、3部300ユーロへと設定。火器類の発射行為が1部3000ユーロ、2部1500ユーロ、750ユーロ。スポーツマンシップに反するメッセージを掲げたバナー等には1部8000ユーロ、2部4000ユーロ、3部2000ユーロとなっている。なお実行犯をクラブ側が見出した場合は、最大75%まで減額。またその実行犯はスポーツ・社会奉仕活動を行うことになれば、それによって最大9割まで罰金額が減額される可能性も残されている。

ブンデス各クラブの罰金総額 (全体 1.633.275 Euro):
Borussia Dortmund: 241.000

FC Bayern: 215.150

Fortuna Düsseldorf: 174.125

Eintracht Frankfurt: 162.000

VfB Stuttgart: 154.000

Hertha BSC: 132.250

Werder Bremen: 109.000

Schalke 04: 106.000

Borussia Mönchengladbach: 90.000

Hannover 96: 72.500

Mainz 05: 44.000

Bayer Leverkusen: 39.750

1.FC Nürnberg: 39.000

FC Augsburg: 24.000

TSG Hoffenheim: 11.000

SC Freiburg: 7500

RB Leipzig: 7000

VfL Wolfsburg: 5000


ブンデス2部各クラブの罰金総額 (全体 1.124.950 Euro):
HSV: 294.150

1.FC Magdeburg: 166.850

Dynamo Dresden: 143.225

Union Berlin: 121.500

FC St. Pauli: 116.800

VfL Bochum: 41.050

1.FC Köln: 40.700

MSV Duisburg: 33.000

Arminia Bielefeld: 29.900

Erzgebirge Aue: 28.200

Greuther Fürth: 26.400

Holstein Kiel: 21.650

Darmstadt 98: 19.200

SC Paderborn: 15.765

FC Ingolstadt: 12.980

Jahn Regensburg: 7100

1.FC Heidenheim: 6480


ブンデス3部各クラブの罰金総額 (全体 487.475 Euro):
Hansa Rostock: 146.375

Eintracht Braunschweig: 64.680

Carl-Zeiss Jena: 52.860

Hallescher FC: 44.375

VfL Osnabrück: 42.150

1860 München: 37.050

Preußen Münster: 18.410

Energie Cottbus: 15.875

1.FC Kaiserlautern: 14.575

FSV Zwickau: 12.600

Karlsruher SC: 8600

KFC Uerdingen: 7350

SV Meppen: 7250

VfR Aalen: 5550

Kickers Würzburg: 3800

SV Wehen-Wiesbaden: 2800

Fortuna Köln: 1475

Sonnenhof Großaspach: 1000

SpVgg Unterhaching: 700


  • ブンデスリーガ・各チーム情報