ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年10月27日

【レヴァークーゼン2−2ブレーメン】結果、コメント

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


【開催日時】2019年10月26日18時30分〜(日本時間25時半)

【スタジアム】ベイ・アレナ(レヴァークーゼン:最大収容人数3万210人)

【主審】マルティン・ペテルセン

【1部通算対戦成績】21勝31分27敗(レヴァークーゼン)

【試合経過】
1−0:トプラク(4分OG、アラリオ)
1−1:ラシカ(40分、ゲブレシラシエ)
1−2:クラーセン(48分、サージェント)
2−2:アラリオ(58分、ベララビ)

【先発】

レヴァークーゼン:ペーター・ボシュ監督「あまり良くないところが多く見受けられて種待った。もっと良いプレーをみせていかなくてはならないし、実際これまでそういうところをみせていたのだが。こうはに関しては良くなっていたと思う。今の時期では、我々は少し運が必要になっているね」

ブレーメン:フロリアン・コーフェルト監督「より一貫性をもってプレーしなくては。何よりその辺りに苛立ちを感じている。冷静さを失うようなこともあってはいけない。2−2という結果は、我々にとっては今日は良かったといえるさ」
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報