ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年10月28日

鎌田が再び2Aも4失点敗戦、グラードバッハ首位堅持

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



【開催日時】2019年10月27日18時分〜(日本時間26時)

【スタジアム】ボルシア・パーク(グラードバッハ:最大収容人数5万4018人)

【主審】ダニエル・シュラーガー

【1部通算対戦成績】31勝26分34敗(グラードバッハ)

【試合経過】
1−0:テュラム(28分、エムボロ)
2−0:ヴェント(45+2分、)
2−1:ダ・コスタ(59分、鎌田大地)
3−1:エルヴェディ(75分、ベネシュ)
3−2:ヒンターエッガー(79分、鎌田大地)
4−2:ザカリア(85分、シュティンドル)

【先発】

グラードバッハ:マルコ・ローゼ「非常に良い前半だったし、勝利に相応しかったと思う。プレッシャーをかけ続けていったし、貪欲にゴールを狙っていった。リーグ戦において、我々は自分たちのプレーに磨きをかけていきたいと思っているよ」

フランクフルト:アディ・ヒュッター「4失点というのは余りに多すぎる。何も手に入れられなかったのは残念だよ。グラードバッハは対人戦おいて、より懸命さをみせていたし、オフェンス面でも良かった。両チームに賛辞をおくりたい。」
長谷部誠、フル出場:(シュート総数0、アシスト性のパス1、総走行距離9.98km、タッチ総数81、パス総数65、パス成功数57、パス失敗数8、パス成功率88%、対人戦勝率67%、ファウル数0、被ファウル数3、オフサイド0)

鎌田大地、フル出場:★2アシスト(シュート総数3、アシスト性のパス3、総走行距離11.87km、タッチ総数56、パス総数32、パス成功数22、パス失敗数10、パス成功率69%、対人戦勝率40%、ファウル数0、被ファウル数0、オフサイド3)
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報