ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年11月04日

ドイツ杯16強:大迫のブレーメンはドルトムントと、長谷部・鎌田のフランクフルトはライプツィヒ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 日曜夕方より、ドイツ杯16強の組み合わせ抽選会が実施。長谷部誠・鎌田大地所属のアイントラハト・フランクフルトは、CL出場中の強豪RBライプツィヒとの対戦となった。また大迫勇也所属のヴェルダー・ブレーメンは、同じく強豪ボルシア・ドルトムントと。遠藤航所属のブンデス2部シュトゥットガルトもまた、CL出場中の強豪バイヤー・レヴァークーゼンと対戦する。

 なお2回戦で2部ボーフムに敗退寸前にまで追い込まれた王者バイエルンはTSGホッフェンハイムと対戦。シャルケはヘルタ・ベルリンとの、ブンデス勢同士の対戦となった。またデュッセルドルフは3部カイザースラウテルンと、ウニオン・ベルリンは4部相当のフェール、そしてもう1つの4部の生き残りザールブリュッケンは、2部カールスルーエと8強入りをかけて戦う。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報