ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年11月24日

レヴァークーゼン、3倍以上のシュート放つも、フライブルクと痛み分け

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


【開催日時】2019年11月23日15時30分〜(日本時間23時半)

【スタジアム】ベイ・アレナ(レヴァークーゼン:最大収容人数3万210人)

【主審】デニス・アイテキン

【1部通算対戦成績】17勝12分9敗(レヴァークーゼン)

【試合経過】
0−1:ヘーラー(5分、ギュンター)
1−1:ディアビー(36分、デミルバイ)

【先発】


レヴァークーゼン監督:ペーター・ボシュ「フライブルクのような良いチームを相手にして、これ以上に良い戦いというのもそうできるもんではないだろう。非常に多くのビッグチャンスを得ていた。ただそれを決めきれなかったんだ。サッカーではゴール数が決め手になるもの。今季はこの言葉を何度も口にしなくてはならないね。それ以外に関しては、特にチームに対して批判することはない。今日は勝ち点2を失った試合だと思う」

フライブルク監督:クリスチャン・シュトライヒ「非常に幸運な勝ち点だと思う。レヴァークーゼンが圧倒していたし、前半までに2−1、3−1になっていても、決しておかしくはなかっただろう。それに後半でもレヴァークーゼンにビッグチャンスがあった。ただ選手たちは懸命に戦ってくれてはいたがね」


 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報