ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年12月01日

バイエルン、フリック体制で初失点、初黒星

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


【開催日時】2019年11月30日18時30分〜(日本時間26時半)

【スタジアム】アリアンツ・アレナ(ミュンヘン:最大収容人数7万1000人)

【1部通算対戦成績】47勝16分17敗(バイエルン)

【試合経過】
0−1:ベイリー(10分、フォランド)
1−1:ミュラー(34分、ゴレツカ)
1−2:ベイリー(35分、フォランド)
退場:レヴァークーゼン(82分、ター)

【先発】


ハンジ・フリック監督(バイエルン)「前半については、我々は2度に渡ってうまく対応できない場面が見受けられてしまった。ただ選手たちの意欲や取り組む姿勢について、決して批判するようなことはできないと思う。ただ得点チャンスの場面では気の緩みが見られてしまった。」

ペーター・ボシュ監督(レヴァークーゼン)「チーム全体が素晴らしいプレーを見せてくれたと思う。ここのところはツキに見放された試合が続いたが、今回の試合では違ったね。開始から30分までは意欲的にプレーし、プレッシャーをかけていっていた。そして終盤は気持ちの強さが問われていたよ。」



 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報