ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年12月03日

デュッセルドルフ、スットナーもドルトムント戦を欠場

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 フォルトゥナ・デュッセルドルフから、負傷による更なる離脱選手の名前が発表された。マルクス・スットナーが筋損傷を抱えてしまったために、これからしばらくの間、戦列から離れることになるという。

 週末に行われたTSGホッフェンハイム戦にて痛み分けを演じていたデュッセルドルフ。しかしながらこの試合より、まずは月曜日にマルセル・ソボットカが、鼻骨を骨折したために手術を受ける必要があり、土曜午後に行われるドルトムント戦での欠場が発表。

 さらにその翌日には、今度はマルクス・スットナーが、そのホッフェンハイム戦にて左の膝窩(しっか)に、筋損傷を抱えたために同じく離脱を余儀なくされることが明かされている。そのため前節で今季はじめて欠場していた、ニコ・ギーセルマンが先発復帰を果たすことになるだろう。
 
 なおそのホッフェンハイム戦にてデュッセルドルフでは、カーン・アイハンが5枚目の警告を受けて出場停止にあり、ホッフェンハイム戦で勝ち点1の確保には成功したが、ドルトムント戦ではソボットカ、スットナー、アイハンと、守備陣3枚の入れ替えを余儀なくされる代償を負うことにもなった。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報