ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年12月06日

オスマース審判員とシャール審判員が、新たにFIFAへ登録

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 年齢によりFIFAの登録から外れるトビアス・ヴェルツ審判員と入れ替わる形で、ハイレベルな中での審判員としての活躍が評価された34才のハーム・オスマース審判員が、新たにFIFAに登録されることが明らかとなった。2016/17シーズンよりブンデスリーガにて審判員を勤めている同氏は、これまですでに39試合を裁いた経験をもつ。

 またアシスタントにおいても変更が行われており、同様に定年となるマルクス・ヘッカー氏の後を引き継ぐ形で、同じく34才のドミニク・シャール氏がFIFAに新たに登録。これまでシャール氏は、2013/2014シーズンよりブンデス1部107試合にわたってサイドラインに立ってきた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報