ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年12月16日

CL16強組合せ抽選:バイエルンとドルトムントは因縁の相手

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 チャンピオンズリーグ決勝トーナメント16強の組み合わせ抽選会が月曜日に行われ、特にバイエルン・ミュンヘンとボルシア・ドルトムントにとっては思い入れのある対戦カードとなった。

 まずバイエルンの相手であるチェルシーは、2012年のCL決勝で本拠地アリアンツ・アレナにて辛酸を舐めさせられた相手であり、今もなお「悲劇」として語り続けられている。

 またドルトムントの相手パリ・サンジェルマンにて監督を務めるトーマス・トゥヘル氏は、それ以前にはドルトムントにて監督を務めた人物だ。

 そのほか今回のチャンピオンズリーグでは、初戦から注目の対戦カードが目白押しとなっており、クロップ監督率いるリヴァプールはシメオネ監督率いるアトレチコと、グアルディオラ監督率いるマンチェスターCはジダン監督率いるレアル・マドリードと対戦。

 その他ユベントスはリヨンと、バルセロナはナポリおと、そしてライプツィヒはトッテナムとの対戦がそれぞれに確定した。

 ヨーロッパリーグの組み合わせ抽選会も同日行われ、長谷部誠と鎌田大地が所属するフランクフルトは南野拓実所属のザルツブルク、レヴァークーゼンはポルト、そしてヴォルフスブルクはマルメFFに決まっている。


【CL16強:組み合わせ抽選結果】
バイエルンvsトッテナム
リヴァプールvsアトレチコ
パリ・サンジェルマンvsドルトムント
バレンシアvsベルガモ
ユベントスvsリヨン
バルセロナvsナポリ
マンチェスターCvsレアル
ライプツィヒvsトッテナム
 

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報