ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2019年12月23日

デュッセルドルフ、66才フンケル監督と2021年まで契約延長

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 記法通りフォルトゥナ・デュッセルドルフは、フリードヘルム・フンケル監督との契約を、さらに1年間更新したことを発表した。これまで66才の指揮官は今季いっぱいまでの契約を残しており、そのため新たな契約期間は来シーズンいっぱいまで、ただしブンデス1部に残留した場合のみ有効となる。
 
 「このクラブが私の心の中で、いかに大きな存在となっていっているか。それはこれまでにも幾度となく強調してきたことだ。だからこれからもここ数年でクラブが歩む成功の道のりを、来年も続けていけるということに誇りを感じている」と、クラブの発表にて喜びを語った。

 現役ブンデスリーガ監督として最高齢の66才指揮官は、2016年3月より指揮をとり、ブンデス1部復帰へ導いたのみならず、昨季は昇格組ながら10位でフィニッシュ。下馬評覆し、中盤という好成績で1部残留を果たしてみせている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報