ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年01月03日

パダーボルンが再始動も、ミヘルとサビリが風邪で不在

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 木曜午後から昇格組SCパダーボルンが、後半戦に向けて再始動した。バウムガルト監督は「ここまでのシーズンでの戦いでは、我々は1部残留を果たせる可能性をもっているというところをみせている」と胸を張っており、それに向けて現在ではボランチを1人、そしてCFを1人、それぞれ補強を目指しているところ。

 なおこの日の練習では風邪ためにスウェン・ミヘルとアブデルハミド・サビリが不在に。ただ両選手とも間も無くして復帰予定とのこと。また鼠蹊部を手術した主力MFセバスチャン・ヴァシリアディスについては、まだ後半戦での初戦の復帰の可能性も残されているところだ。またパダーボルンでは今冬の準備期間において、3試合のテストマッチが予定されている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報