ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年01月05日

アペルカンプ真大らデュッセルドルフが冬季合宿、ベイカーとアダムスは不在

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 デュッセルドルフの今冬の新戦力のシュテフェン・スクリプスキの姿は見受けられたものの、しかしながら本来参加が見込まれていた2選手、チェルシーからレンタルで加入中のルイス・ベイカーと、ホッフェンハイムよりレンタルで参加中のカシム・アダムスの姿は、冬季キャンプに向かう選手たちの中で見受けられなかった。

 その前に行われていた乳酸テストでは、「病気のためにロンドンに止まっている」ことがフリードヘルム・フンケル監督より説明されていたものの、買い取りオプション付で年内いっぱいまで加入していた同選手は失意の半年を過ごす結果となっており、どうやら新天地を模索することになりそうだ。

 一方で同じく姿を見せなかったカシム・アダムスに関しては、こちらは風邪を患っているとのことで、火曜日から遅れてチームに合流するとのこと。さらにナナ・アンポマーについては、妹がスペインにて結婚したために土曜日には既にマルベリャ入りし、16時からの練習に参加する見通し。

 また今回の遠征メンバーにはこれまでまだトップチームでの出場経験のない若手選手3人、ブンデス4部相当レギオナルリーガを主戦場とするMFアペルカンプ真大とナイジェリア代表デビューを秋に果たしたマドゥカ・オコエ、そしてAユースのCBジャミル・シーベルトが参加、ちなみにオコエは今冬合宿メンバーにて、6人目のGKということにもなる。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報