ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年01月25日

審判界に苦言呈したグレーフェ氏、バイエルンvsシャルケの主審に

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ブンデスリーガ第19節バイエルン・ミュンヘンvsFCシャルケ04戦では、マヌエル・グレーフェ氏が主審を務めることがドイツサッカー連盟より発表された。今週土曜の日本時間26時半より行われる注目の一戦では、クレーフェ氏とジン氏が副審として脇を固め、第4審判員はカンプカ氏、VARはヴィンクマン氏がそれぞれ務める。

 グレーフェ氏は先日にkickerとのインタビューの中で、審判界において数多くの問題があることを指摘。また選手たちから前半戦でのベスト審判員に選出されながら、自身がわずか6試合しか試合を捌いていないことについて苦言を呈していた。

 「わずか6試合では・・・。審判員にとっても選手と同様に、ある程度のリズムがひち様となるものです。もしも3週間ごとに主審を務めるのであれば難しくなってしまうもの。ロイスやレヴァンドフスキだって、6〜17試合しかプレーしないわけではありませんよ。ブンデスリーガという舞台では、ベストの人物がピッチに立つべきです」
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報