ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年01月28日

デュッセルドルフ、スクリプスキら3選手が負傷離脱

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 練習中の負傷により、週末に行われたバイヤー・レヴァークーゼン戦を欠場していた、フォルトゥな・デュッセルドルフのアダム・ボジェク。フリードヘルム・フンケル監督は週が明け、「内転筋軽度の筋損傷がみられる」ことを明らかにした。これにより次節のアイントラハト・フランクフルト戦でも欠場を余儀なくされる。

 またスティーヴン・スクリプスキとエリック・トミーについても、レヴァークーゼン戦では共に先発出場していたのだが、スクリプスキは大腿筋に過度伸展を、トミーは膝に打撲をそれぞれに抱えており、スクリプスキは65分にコフナツキと、トミーは87分にアンポマーとの交代を余儀なくされていた。3選手のいずれも「しばらくの間」離脱するとのこと。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報