ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年02月18日

ブンデスリーガ、15季連続で売上新記録!40億ユーロ超え

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ドイツサッカーリーグ機構(DFL)は、ブンデスリーガ白書2020を発表。2018/19シーズンでは引き続き、15季節連続で売り上げ新記録が樹立された上に、ブンデスリーガ全体で40億ユーロの大台を突破したことも明らかとなった。

 ブンデスリーガ全18クラブでは、前年度よりも5.4%上昇して40億2000万ユーロを記録。さらにブンデスリーガ2部では7億8200万ユーロを形状しており、これは実に28.5%の伸び率だ。

 さらに自己資本でも両リーグともに新記録を樹立しており、ブンデスリーガ全体では18億ユーロ、ブンデス2部全体では1億7400万ユーロ。直接、または間接的な雇用人数は5万6081人(前年度5万5142人)と増加。

 また1試合あたりのサッカー平均観客動員数は、ブンデスリーガで世界最高となる4万2732人をマーク。これはブンデス史上3番目に多い数字でもあり、また1試合あたりの平均得点数は、プレミア(2.8)、セリエA(2.7)、ラ・リーガとリーグ・アン(2.6)を抑え3.2を記録した。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報