ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年03月06日

ドイツ、SDやマネージャーの資格制度を実施

Germany
.ドイツ代表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ドイツサッカー連盟とドイツサッカーリーグ機構は将来的に、プロクラブらとの協力の下で、サッカーのマネージャーやスポーツディレクターの育成に努めていく考えを示した。これは水曜日にフランクフルトにて明らかにされたものであり、オリヴァー・ビアホフ氏は資格制度についても言及している。

 ドイツサッカーリーグ機構のクリスチャン・ザイファート代表は「ほぼ全ての分野において求められるプロフェッショナルさはあまりに大きなものへと変化してきている。」とコメント。「これはサッカー界にとって歩みを進めなくてはならない、プロフェッショナルへの道だ」と語った。

 なお新たなこの資格については、数多くの現役の関係者らによって取り組まれている予定となっており、ブンデスリーガにおけるノウハウ、競技面におけるノウハウ、そしてマネジメントにおけるノウハウなど、基本的には専門知識による。
 
 「この点において非常に求められていると感じる。我々がリーダーシップ・ツアーでアメリカを訪れた際に、かなりのディスカッションがあったんだ」と語ったビアホフ氏は、さらに今回の育成計画は壮大なプランの「パズルの一部分」と表現。なお取得までには1年半を要し、各コースの参加者は12名ほどになるという。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報