ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年03月14日

ブンデスリーガ、即座の中断を発表

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 本日金曜午前に発表した時点では、ブンデスリーガは1部2部共に開催予定となっていたものの、しかしながらドイツサッカーリーグ機構は午後になり前言を撤回。本日より開催予定となっていたブンデスリーガ1部2部の試合から、中断へと入ることを明らかにしている。

 当初ドイツサッカーリーグ機構は、無観客試合とする対応にて試合を実施する考えであり、中止となるのは選手に感染者を出したブンデス2部ハノーファー96vsでぃなも・ドレスデンによる一戦のみとなっていた。それから来週の火曜日より中断へと入り、第27節を延期してそのまま代表戦期間へと突入。その期間中に今後の話し合いを行い、ひとまずは4月2日からの再開を念頭に入れていた。


 しかしながら、拡大する新型コロナウィルスによる驚異はさらに増す一方となっており、ブンデス2部1.FCニュルンベルクからも、ファビアン・ニュルンベルガーが検査の結果で陽性と判明。ブレーメン市は来週月曜の試合中止をすでに決断し、加えて本日開催予定となっていたSCパダーボルンのシュテッフェン・バウムガルト監督も、体調不良を訴えて検査を実施。最終的にこちらは陰性であったことが伝えられたが、今回のDFLの判断により試合自体は中断ということになった。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報