ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年04月02日

怪童ムココ、今年11月からブンデスデビューが可能に

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ボルシア・ドルトムントが誇るサッカー界期待の怪童、ユスファ・ムココがブンデスリーガで躍動するその勇姿を、年内にも目にすることが遂に可能となった。火曜日に行われたドイツサッカーリーグ機構での総会にて、ボルシア・ドルトムントからの提議が賛成多数により可決。これにより、満16才となった時点でブンデスリーガでのプレーが可能ということになる。

 つまりは現在15才のムココにとって、これまで通りであれば2021年8月まで待たなくてはならなかったところを、今からおよそ半年後16才の誕生日を迎える11月にもプレーできるという事であり、ドルトムントにてユース・コーディネーターを務めるリッケン氏は「多くのクラブがこれから、若く卓越した才能あふれる、例外的な選手に対してチャンスを与えたいと、さらなる成長を促していきたいと考えているんだ」と、胸を張った。

 以前にリッケン氏は「海外では早くプロデビューできるということで、ブンデスリーガを選択しなかったという事例がいくつもある。我々の考えではドイツサッカー界のとって、成長に即した形でそれぞれに異なる成長への流れを用意する必要があるのではないか。」と指摘している。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報