ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年04月21日

プファンネンシュティール氏、行先候補は英国、スペイン、トルコ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 プライベートでの事情を理由に、来月末日にてフォルトゥナ・デュッセルドルフとの契約を解消することが発表されている、ルッツ・プファンネンシュティール氏。6月1日からはウーヴェ・クライン氏が新たに、競技部門の役員を務める事になるのだが、ただその一方でコロナ危機によりリーグ戦は中断。シーズンの延期も見込まれるなかで、プファンティール氏は本人の思惑とは裏腹にクラブ側は予定通りの退団を見込んでいる。

 ところで6月以降、プファンネンシュティール氏のキャリアプランはどうなっているのか?現時点では未定のままとなっており、選手との交渉にはクライン氏と共にプファンネンシュティール氏も同席しているところ。だがそれは移籍先探しの話し合いを制限するものではなく、kickerが得た情報によれば自身が現役時代にプレーした経験をもつイングランドの、プレミアリーグのクラブからの関心が寄せられている模様。さらにベシクタシュ時代にアンドレアス・ベックを獲得したこともあるトルコ、さらにはスペインもその候補としてあがっているところだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報