ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年05月07日

ブンデス再開日程発表、16日よりレヴィアダービー等5試合で幕開け

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 昨日に行政より再開に向けてゴーサインが出されていた、ブンデスリーガ。世界中で蔓延する新型コロナウィルスの影響による中断を余儀なくされてきたが、木曜日に行われたドイツサッカーリーグ機構とブンデス1部2部のクラブらによるビデオ会議の結果、5月16日の土曜日から再スタートを切る事が確認されている。これは行政からの判断が「5月後半から再開」であったため。

 そのためブンデスリーガの再開はドイツで最も盛り上がりをみせる『レヴィアダービー』、ドルトムントvsシャルケ戦をはじめ、5試合の同時開催から幕をあけることとなった。同じく金曜夕方に行われるとみられていたフォルトゥナ・デュッセルドルフvsSCパダーボルンも土曜日開催。なお大迫勇也所属ブレーメンは、チーム練習再開時期が他クラブより遅いことを訴えており、そこでドイツサッカーリーグ機構からは月曜夜開催という対応を受けている。

【ブンデスリーガ第26節の日程】


5月16日15時半(日本時間22時半)
ドルトムントvsシャルケ
ライプツィヒvsフライブルク
ホッフェンハイムvsヘルタ
デュッセルドルフvsパダーボルン
アウグスブルクvsヴォルフスブルク

5月16日18時半(日本時間25時半)
フランクフルト(長谷部・鎌田)vsグラードバッハ

5月17日15時半(日本時間22時半)
ケルンvsマインツ

5月17日18時(日本時間25時)
ウニオンvsバイエルン

5月18日20時半(日本時間27時半)
ブレーメン(大迫)vsレヴァークーゼン

第26節と第27節では、無料でドイツ国内視聴可能な試合も


 有料放送スカイは、第26節と第27節について、ブンデス1部2部ともに同時開催の試合をリレー中継で、ドイツ国内では無料視聴可能とすることを発表した。ザイファート代表は「当然ながら、これは素晴らしい話だ。嬉しく思う。スカイはこの特別な状況下において特別な対応をみせてくれた。これはこの苦境にあって良いシグナルだといえる」と評価している。

入れ替え戦の日程は未定


 なおシーズンの構想においては、ブンデス1部16位と2部3位による入れ替え戦は計画されているところであり、ドイツサッカーリーグ機構クリスチャン・ザイファート代表は日程こそ明らかにしなかったが、ただ少なくとも試合はリーグ戦終了が予定される6月27・28日以降ということになり、シーズン終了の目処とされてきた6月末日以降に行われる可能性があるということになる。また2部と3部の入れ替え戦については、3部の再開自体の判断にかかってくるものだ。また同代表は、「近いうち」にドイツ杯準決勝の日程も明らかになるとみているところ。

 さらにザイファート氏は、選手交代について一時的なルール変更の可能性についても言及。1クラブにつき、5選手までの交代の可能性を明らかにした。FIFAではすでに、IFAに対してこの案について提出を行っており、承認される可能性は高いと見られている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報