ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年06月01日

ブンデスリーガ、来季は9月11日に開幕か?

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ドイツの大衆紙ビルトの日曜版は、2020/21シーズンのブンデスリーガ開幕の時期を、9月11日になるのではと予想した。なおドイツサッカーリーグ機構では、特にこのことについてノーコメント。ただこの9月11日という日は、考えられる開幕時期のオプションの中でも、最速の時期ということになる。ちなみにドイツサッカー連盟では、9月から国際試合の運営を再開したいと考えているところだ。

 ただそこで最も重要なポイントとなるのが、ブンデスリーガは来シーズンも引き続き、無観客試合にて運営を余儀なくされるのかどうかということである。これからのドイツサッカーリーグ機構や行政との話し合いの中で、いつ、どのような条件で、ファンたちを再びスタジアムへと呼ぶことができるようになるのかが、重要なテーマ。またブンデスリーガとしては他の状況にも合わせていく必要があり、例えばまだ作成されていないFIFAやUEFA主催の国際試合のスケジュールにも依存。
 
 先週、ドイツサッカー連盟の財務担当シュテファン・オスナブリュッゲ氏が明かしたところによれば、ドイツサッカー連盟としては年内中に国際試合を開催する必要に迫られているところであり、もしも関連収入を得られなければ同連盟は、2020年度では数千万ユーロ規模での赤字を計上する危機に瀕しているとのこと。そしてドイツサッカー連盟としても、果たして無観客開催を避けられるかどうかはテーマだ。

 つまり、まずは他の欧州のリーグがシーズン終了の笛の音を吹く瞬間を迎えること、そしておそらくは本来よりも少ない動員数となるであろうが、再び観客を含めた試合開催へのシグナルの確認が行われてはじめて、来シーズン開幕に向けた具体的なシミュレーションを行えるようになる。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報