ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年06月27日

ブンデス18クラブ:代理人への支出ランキング(2019年度)

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ドイツサッカーリーグ機構はブンデス1部2部36クラブの2018/19シーズン財務成績を発表。そのなかには、ブンデスリーガ各クラブが代理人へと支払った金額についても明らかとなっており、以下18クラブをランキング形式で列挙。ちなみに昨夏にヨヴィッチ、ハーラー、レビッチと自慢の3トップを失ったアイントラハト・フランクフルトでは、その穴埋めの結果で、クラブ史上最高金額の支払いとなっている。

【1位:ボルシア・ドルトムント】4453万8000ユーロ
⇒今季ブンデス2位(第33節現在)

【2位:バイエルン・ミュンヘン】3025万000ユーロ
⇒今季ブンデス1位(第33節現在)

【3位:FCシャルケ04】1664万4000ユーロ
⇒今季ブンデス11位(第33節現在)

【4位:アイントラハト・フランクフルト】1548万6000ユーロ
⇒今季ブンデス9位(第33節現在)

【5位:RBライプツィヒ】1364万9000ユーロ
⇒今季ブンデス3位(第33節現在)

【6位:バイヤー・レヴァークーゼン】1359万4000ユーロ
⇒今季ブンデス5位(第33節現在)

【7位:ボルシア・メンヒェングラードバッハ】1331万8000ユーロ
⇒今季ブンデス4位(第33節現在)

【8位:VfLヴォルフスブルク】1060万8000ユーロ
⇒今季ブンデス6位(第33節現在)

【9位:1.FSVマインツ05】933万9000ユーロ
⇒今季ブンデス13位(第33節現在)


【10位:SCフライブルク】719万1000ユーロ
⇒今季ブンデス8位(第33節現在)

【11位:TSGホッフェンハイム】715万1000ユーロ
⇒今季ブンデス7位(第33節現在)

【12位:1.FCケルン】590万9000ユーロ(当時2部)
⇒今季ブンデス14位(第33節現在)

【13位:ヘルタ・ベルリン】531万1000ユーロ
⇒今季ブンデス10位(第33節現在)

【14位:ヴェルダー・ブレーメン】513万6000ユーロ
⇒今季ブンデス17位(第33節現在)

【15位:FCアウグスブルク】229万6000ユーロ
⇒今季ブンデス15位(第33節現在)

【16位:フォルトゥナ・デュッセルドルフ】228万0000ユーロ
⇒今季ブンデス16位(第33節現在)

【17位:1.FCウニオン・ベルリン】10万2000ユーロ(当時2部)
⇒今季ブンデス12位(第33節現在)

【18位:SCパダーボルン】4万7000ユーロ(当時2部)
⇒今季ブンデス18位(第33節現在)
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報