ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年06月29日

ブンデスリーガ、コロナ危機で夏の移籍は2段階制。

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 1回目の移籍市場はわずか1日のみ、そして後者の移籍市場は通例よりも長い、3ヶ月近くにまでおよぶことになる。ドイツサッカーリーグ機構とドイツサッカー連盟は、FIFAとの協議も行いながら調整した結果、2020年夏の移籍市場は2段階に分けて行うことを発表した。

 通常は7月1日より8月末日まで行われることになるのだが、これに伴いまず最初の開幕となる7月1日では、それまでにすでに確定済みとなっていた選手たちの移籍が行われることに。ただしあくまで2020/21シーズンの契約であり、該当選手の中には2019/20シーズンがまだ終わっていないケースもあることを強調している。

 2回目の移籍市場はその2週間後、7月15日から10月5日まで開かれることになり、その理由について、「各クラブが国際的にも、より柔軟に、可能な限り長く、移籍に対応できるよう」配慮したことを明らかにした。なお10月6日はチャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグ共に、グループリーグに出場する選手登録の期日となる。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報