ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年06月30日

ドイツ杯:DFB会長が優勝杯授与、バイエルンがホーム扱い

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 今週土曜日に首都ベルリンの五輪スタジアムにて行われる、ドイツ杯決勝バイエルン・ミュンヘンvsバイヤー・レヴァークーゼン戦では、すでに無観客にて開催されることが明らかとなっているが、さらに詳しい情報が火曜日に明らかとなった。

 例えばそのうちの1つ、ドイツサッカー連盟フリッツ・ケラー会長と、フリードリヒ・クルティウス事務局長は、およそ6kgの優勝杯を授与することになるのだが、ただ連盟が強調しているように「今の状況に対応する形」がとられるという。ちなみに昨季にバイエルンがライプツィヒを倒し優勝した際には主将のノイアーがシュタインマイアー大統領から手渡しで受け取っていた。

 なお今回の試合にはドイツ代表ヨアヒム・レーヴ監督や、マネージャーを務めるオリヴァー・ビアホフ氏をはじめ、最大200名のメディア関係者を含む、総勢700名程度やスタジアムに入ることを許可され、ブンデスリーガの試合と同様、3区画に分けられコロナ対策の衛生コンセプトに沿った対応を行う。

 また今回の試合ではバイエルン・ミュンヘンがホーム用のキャビンを利用し、レヴァークーゼンはアウェイ側を利用することも、併せて発表された。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報