ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年07月20日

ブンデス歴代:十代選手の獲得金額ランキング

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 コロナ危機による財政難が指摘される中で、ボルシア・ドルトムントは17才の期待の若手MFジュード・ベリングハム獲得に、2500万ユーロの移籍金を投じた。確かにこの金額はブンデス史に残る巨額の投資ではあるのだが、しかしながら10代の選手獲得に投じる最多金額とまではいかない。以下、ランキング形式で、これまでのブンデスリーガ史上、10代の選手獲得に費やした移籍金ランキングをみていこう。

15位:アルフォンソ・デイヴィース(バイエルン、1000万ユーロ、2019年冬時18才)

15位:ランドリー・ディマタ(ヴォルフスブルク、1000万ユーロ、2017年夏時19才)

15位:ダヨ・ウパメカノ(ライプツィヒ、1000万ユーロ、2017年冬時18才)

14位:オザン・カバク(シュトゥットガルト、1100万ユーロ、2019年冬時18才)

12位:ブレーノ(バイエルン、1200万ユーロ、2008年時18才)

12位:レオン・ベイリー(レヴァークーゼン、1200万ユーロ、2017年冬時19才)

9位:ウスマン・デンベレ(ドルトムント、1500万ユーロ、2016年夏時19才)

9位:マテウス・クーニャ(ライプツィヒ、1500万ユーロ、2018年夏時19才)

9位:ムサ・ディアビー(レヴァークーゼン、1500万ユーロ、2019年夏時19才)

8位:オリヴァー・バーク(ライプツィヒ、1520万ユーロ、2016年夏時19才)

7位:レオナルド・バレルディ(ドルトムント、1550万ユーロ、2019年冬時19才)

6位:パナギオス・レトソス(レヴァークーゼン、1750万ユーロ、2017年夏時19才)

5位:パウリーニョ(レヴァークーゼン、1850万ユーロ、2018年夏時17才)

4位:エルリング・ハーランド(ドルトムント、2000万ユーロ、2020年冬時19才)

3位:ブレール・エムボロ(シャルケ、2250万ユーロ、2016年夏時19才)

2位:ジュード・ベリングハム(ドルトムント※未発表、2500万ユーロ、2020年夏時17才)

1位:レナト・サンチェス(バイエルン、3500万ユーロ、2016年夏時18才)
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報