ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年07月20日

現役ブンデスリーガーが選出:審判員MVPはアイテンキン氏

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ドイツでは恒例企画となっている、kicker誌によるアンケート『現役ブンデスリーガに聞きました』では、最終州審判員についてはここ6年連続で、マヌエル・グレーフェ氏が選出される”退屈な”展開が続いてたものの、今冬のアンケート調査で既に肉薄していたデニス・アイテキン氏が、この夏には遂にその頂点へと立った。

 参加した現役ブンデスリーガー270名のうち、実に43.3%がデニス・アイテキン審判員を支持。ディフェンディングチャンピオンのグレーフェ審判員は30.7%に止まっている。なお3位に入ったフェリックス・ブリヒ氏が得たのは、わずか4.8%。

 ちなみにこの選手たちによる投票結果は、kicker誌によるキッカー採点平均評価にも合致するものだ。今季ブンデスリーガ16試合を裁いたアイテキン氏は、kicker採点平均2.34という最高値を叩き出しており、2位にはマヌエル・グレーフェ氏(2.5)、そして3位にはフェリックス・ツヴァイヤー氏(2.53)と続く。

 2008年からブンデスリーガにて審判員を務めているアイテキン氏は、2011年からは国際審判員としても活躍。昨年はドイツサッカー連盟より年間最優秀審判員賞を受賞し同氏は、明日の火曜日42才の誕生日を迎える。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報