ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年08月02日

ブンデス19/20:スコアポイント所要時間ランキング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 果たして昨シーズンのブンデスリーガにおいて、どの選手が最も効率的に、どれほどの平均時間によって、スコアポイントを積み重ねていくことができたのだろうか?その上位10選手を、ランキング形式にてチェックしていこう。

10位:アラサン・プレア(グラードバッハ)】平均102分/スコアポイント
(出場時間2144分:10得点、11アシスト)

9位:ブレール・エムボロ(グラードバッハ)】平均97分/スコアポイント
(出場時間1551分:8得点、8アシスト)

8位:クリストファー・エンクンク(ライプツィヒ)】平均96分/スコアポイント
(出場時間1924分:5得点、15アシスト)

7位:セルゲ・ニャブリ(バイエルン)】平均95分/スコアポイント
(出場時間2192分:12得点、11アシスト)

6位:アンドレ・シルバ(フランクフルト)】平均93分/スコアポイント
(出場時間1575分:12得点、5アシスト)

5位:マルコ・ロイス(ドルトムント)】平均88分/スコアポイント
(出場時間1495分:11得点、6アシスト)

4位:トーマス・ミュラー(バイエルン)】平均78分/スコアポイント
(出場時間2256分:8得点、21アシスト)

3位:ティモ・ヴェルナー(ライプツィヒ)】平均76分/スコアポイント
(出場時間2794分:28得点、9アシスト)

2位:ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)】平均71分/スコアポイント
(出場時間2759分:34得点、5アシスト)

1位:ジェイドン・サンチョ(ドルトムント)】平均67分/スコアポイント
(出場時間2286分:17得点、17アシスト)


  • ブンデスリーガ・各チーム情報