ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年08月19日

若手の登竜門フリッツ・ヴァルター・メダル2020発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ドイツの年間で優秀な若手に送られる「フリッツ=ヴァルター・メダル」が発表され、がケルンのノア・カッターバッハがU19部門で金賞。またU17部門ではレヴァークーゼンのフロリアン・ヴィルツが金賞を受賞しており、女子選手部門ではヴォルフスブルクのレナ・オーバードルフが金賞に輝いている。

 なお各銀賞は、ケヴィン・エーラース(U19:ドレスデン)、トルベン・ライン(U17:バイエルン)、ジア・コーリー(女子:バイエルン)、銅賞はフレデリク・イェッケル(U19:ライプツィヒ)、ルカ・ネッツ(U17:ヘルタ)、カルロッタ・ヴァムザー(女子:エッセン)が選出された。

 ドイツ代表のシャッツアレクシウSDは「ドイツが世界のトップ返り咲きを目指す上で、彼ら受賞者はその一助となってくれる可能性を秘めている」と述べ、「若手選手にとってこういったメダルという形で表彰を受ける事は重要だ」と意義についてもコメント。「継続的な成長、そしてオーバードルフが示しているようにシニアの代表入りが目標だ。最善のサポートをしていきたいと思う」と語った。
  


  • ブンデスリーガ・各チーム情報