ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年09月18日

バイエルンvsシャルケの主審は、ツヴァイヤー氏

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 2020/21ブンデスリーガの幕開けを告げる、バイエルン・ミュンヘンvsFCシャルケ04。その主審をフェリックス・ツヴァイヤー審判員が務めることが、ドイツサッカー連盟より発表された。線審はトルステン・シフナー審判員とマルコ・アハミュラー審判員、第4審判はダニエル・シュレーガー審判員で、VARはトビアス・ヴェルツ審判員が担う。

 はじめてツヴァイヤー審判員がオープニングマッチを飾ったのは、2014/15シーズンのバイエルン・ミュンヘンvsVfLヴォルフスブルクのことであり、その時にはトーマス・ミュラー、そしてアリエン・ロッベンのゴールにより2−1で、バイエルンが勝利。ただローデのゴールを見逃す誤審があり、その際のkicker採点は3となっている。

 なお昨シーズンにツヴァイヤー審判員は、ブンデスリーガ15試合を裁いて、kicker採点平均2.5を好成績をマーク。そのうちバイエルン戦では4試合を裁いており、第11節ドルトムント戦での4−0での快勝をはじめ、4試合全てで勝利を収めた。なおシャルケ戦では2試合を裁いており、フランクフルト戦では1−0で勝利、ブレーメン戦では逆に0−1で敗戦している。

 昨シーズンにそのツヴァイヤー審判員が提示した退場処分は、そのシャルケ戦におけるわずか1回のみであり、それを受けたのが今夏にシャルケからバイエルンへと移籍した、アレクサンダー・ニューベル。フランクフルト戦でのガチノヴィッチに対する蹴りを受けての1発退場となった。


 ちなみにツヴァイヤー審判員にとって、今回の試合が今シーズンの仕事始めということではない。すでに先週の日曜日にはドイツ杯初戦、3部ハンザ・ロストックvsVfBシュトゥットガルトで主審を務め、シュトゥットガルトが1−0で勝利をおさめている。

バイエルンの先発予想:ノイアー – パヴァール, ズーレ, アラバ, デイヴィース – キミヒ, ゴレツカ – L. サネ, T.ミュラー, ニャブリ – レヴァンドフスキ

シャルケの先発予想:フェアマン – ルディ, カバク, スタンブリ, オチプカ – シェプフ, ベンタレブ – アリ, ウート, S.セルダー – パシエンシア
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報