ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年10月01日

ビビアナ・シュタインハウス審判員、VARとして継続

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 女性審判員としてはじめて、ドイツ国内のタイトルマッチで主審を務めたビビアナ・シュタインハウス審判員。だがこの日を最後に、12年間にわたるそのキャリアへ終止符が打たれる事にもなった。

 その花道となったタイトルマッチにて、試合を通じて良いジャッジを続け、自らの花道を飾ってみせた同審判員に対して、試合後にはドイツサッカー連盟フリッツ・ケラー会長と、ドイツサッカーリーグ機構クリスチャン・ザイファート代表取締役から大きな敬意が表されている。

 しかしながらランハーゲン出身で、警察官を本職とするシュタインハウス審判員の名前が、完全にブンデスリーガの舞台から消えるわけではない。

 「フレーリヒ審判員協会会長から、VARの打診を受けた時に快諾させていただきました」とシュタインハウス審判員自身が明かしており、ちなみに既にブンデスリーガ開幕戦と第2節の間で3試合でVARを務めていた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報