ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年10月16日

ザンクトパウリの宮市亮、復帰は「まだだいぶ先」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 2020/21シーズンが開幕して1ヶ月以上が経過した今もなお、ブンデス2部FCザンクトパウリ所属、宮市亮の姿をピッチ上で目にすることはできない。膝の大怪我を幾度となく乗り越え、昨シーズンではシーズン終盤までは主力としての活躍を続けていた同選手だが、シーズン終盤で受けた負傷によりここまで離脱が続いているところ。

 地元紙ハンブルガー・モルゲンポストが報じたところによれば、痛みの慢性化へのリスクも懸念して取り組む宮市は現在も、引き続きリハビリメニューやランニングメニューなどをこなしており、年内での復帰は厳しいと掲載。

 ボルネマン競技部門取締役は、「状況は難しいものがあるね」と述べ、「もっと進展することを期待していた。だが交代を繰り返している。1歩進んで、2歩下がる感じだよ」とコメント。「新たなプランを立てているところなんだ」とも明かしており、「この種の負傷には我慢が必要だ」と言葉を続けた。「復帰はだいぶ先だよ」
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報