ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年10月26日

ブンデスリーガ、ザイファート代表が2年後に退任?

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ドイツサッカーリーグ機構クリスチャン・ザイファート代表取締役が、2022年までの契約を全うする形で退任する決意を固めたことを、ドイツの大衆紙ビルトが報じた。すでに相談役会や役員会にも伝えているという。

 2005年から同機構にて職務を務めてきた同氏は、これまでの15年間のうち、主にテレビ放映権のマーケティングを担当しており、ブンデスリーガを新たな領域へと押し上げることに成功。在任期間で年間収入は10億ユーロ以上の増加をみている。

 そして今春に襲ったコロナ危機においては、ブンデスリーガは5月中旬からいち早く再開することに成功。その衛星コンセプトはサッカーの枠を超え、他のスポーツの再開に向けた模範にもなったが、記事によればそんなザイファート氏は既に、2年後から新たな挑戦を視野に入れているとのこと。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報