ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年10月27日

ザイファート代表「そもそも契約の全うは至極当然」

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 月曜午前に正式に発表された、ドイツサッカーリーグ機構クリスチャン・ザイファート代表取締役の2022年夏の退任。これにより同機構での時代を17年でピリオドを打つ決断を下したことになるが、だがその決意はだいぶ前から固まっていたようだ。

 「それはここ数週間や、数ヶ月で決めたものではないよ」と、ドイツの大衆紙ビルトに対して同氏はコメント。「年明けに決めていたものなんだ。これには妻も関与しておる。コロナ危機が訪れたことによって、決断が早まったわけでも、遅れたわけでもない」

 つまりはドイツサッカーリーグ機構やドイツサッカー連盟のここのところの動向とは無関係に、「新たなキャリアのチャプターをスタートさせたい」と考えていたという。ただその行先については「現時点では」まだ決まってはいないようだ。

 「ただクラブで働くということは、自分の目指している新しいチャプターではないし、どんな役割であれドイツサッカー連盟に行くということも無い。」さらに既に関心を示しているといわれるプレミアリーグへの変更については、「想像できないね」とも語っている。

 そして契約の早期解消は視野に入れていないことも強調しており、「契約をしっかりと満了する用意はある、という一部の選手が口にするこの類の言葉は、私はあまり好きにはなれないね。その準備もなかったというのに、契約にはサインしてしまいました、とでも言うのかね。私からみれば、それを全うするということは、至極当然のこと。それが私の契約に対する理解だ」と述べた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報