ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2020年12月19日

宮市亮、今度は左ふくらはぎの筋肉を負傷

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ブンデス2部FCザンクトパウリではこれからも引き続き、宮市亮を負傷のために欠いてシーズンへと臨むことを余儀なくされる。日本人ウィンガーは昨日行われたザンクトパウリでの練習をそうそうに切り上げており、その後に病院にて受けた検査の結果、左ふくらはぎの筋肉へ損傷が確認されたという。

 最近では宮市亮は、恥骨炎を抱えて以来はじめて、部分的ながらチーム練習復帰を果たしていたものの、今回の負傷によってこれから数週間は、再び戦列からの離脱を余儀なくされることになる。

 ティモ・シュルツ監督は、「確かに年内中での復帰は見込んでいなかったとはいえ、これは非常に残念なことだ」と述べ、復帰時期の見通しについては「来年1月中に再び、フルメニューをこなせることを目標にしている」と明かした。
  


  • ブンデスリーガ・各チーム情報