ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年01月08日

フィルヒル・ミシジャン、母国のPECツヴォレへ移籍

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ブンデス2部1.FCニュルンベルクのフィルヒル・ミシジャンが、今冬に母国オランダのPECツヴォレへと移籍することが発表された、ディーター・ヘッキング競技部門取締役によれば、選手サイドより移籍の志願があったとのことで「出場機会の増加を期していたが、負傷の後でそれがなかなか叶わなかった」と説明。さらに「家族との距離を縮めたい」という思いも相まって、クラブ側としては「彼の希望に応じることにした」という。

 一方でロベルト・クラウス監督は「驚き」を隠せず、「12月に最後に話した時には、そんな話は全くなかった」とのこと。むしろこれは「急展開」であり「1月に戻ってくるのを楽しみにしていたんだ」と別れを惜しんだ。「しかしミシジャンからは、年の変わり目に移籍の希望が訴えられたという。それは我々にとっては驚きだったね」

 2年半前に当時ブンデス1部に昇格したばかりの同クラブに加入したミシジャンは、そこでブンデス23試合に出場するも2部降格を免れることはできず、復帰を目指した2シーズン目前の準備期間にて十字靭帯を断裂。シーズンを棒に振る結果となり、今季はここまで12月に記録した3試合の途中出場のみにとどまっていた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報