ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年03月23日

ブンデスリーガ、コロナ対策の強化を発表

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ドイツサッカーリーグ機構は試合運営に関するセキュリティ強化を目指し、新たに2つの衛生コンセプトを加えることを発表した。

 まず第一のポイントは、選手やコーチなど全てのスタッフを対象に、各トレーニングや移動日の初めなどで、簡易抗原検査の実施を義務づけるということ。これは人口10万人あたり35人以上の感染者(週)が発生している地域を対象に、4月1日から適用。すでに実施されている週2回のPCR検査と並行して行われることなる。

 ドイツサッカーリーグ機構としてはこういった抗原検査やPCR検査を日々実施していくことで、チーム全体が隔離措置を受けるような事態をできうる限り避けたいと考えており、実際にブンデス2部ハンブルガーSVのジモン・テロッデから確認された際には、練習前の判明によりテロッデのみが隔離となっていた。

 それでも完全に感染のリスクを排除することは不可能であり、そのためドイツサッカーリーグ機構の役員会では、更なる措置として全クラブを対象に「隔離合宿」を検討。つまりは1年前のブンデス再開前に行われたような、ホテル内での隔離のようなものであり、実施となればその8日前に通達する。

 ドイツサッカーリーグ機構では先々週にブンデス2部で起こったような、立て続けにリーグ戦中断へと陥る事態を出来る限り避け、予定通りに5月までにはシーズンを戦い終えるよう、日程の維持に努めていきたいと考えているところだ。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報