ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年04月07日

再びカールスルーエでコロナ感染確認、チーム全体が隔離へ

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 クラブ内にてコロナ感染が2件確認されていたにも関わらず、「毎日の検査の義務化、そして行動規範を厳重に遵守する」ことで、最終的にはカールスルーエはチーム全体として隔離に入ることはなく、オスナブリュック戦、そしてパダーボルン戦も予定通りに開催されていたものの、しかしながら火曜日にはこれから、14日間に渡りチーム全体が隔離されることが明らかとなった。

 これはクラブ公式にて発表されたものであり、現在ブンデス2部6位につけている同クラブは、「定期的なPCR検査の結果、本日火曜にもチーム内で陽性反応が確認されました。そのため即座に隔離へと入ることになります」と報告。なおクロイツァーSDによれば、該当する選手には特に症状などは見られていないという。

 ただその結果、カールスルーエはこれから予定されているブンデス2部3試合、土曜開催のフォルトゥナ・デュッセルドルフ戦、翌週のアウエ戦、そしてその3日後に開催されるハンブルガーSV戦への影響は避けられない事態へと陥ってしまった。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報