ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年04月13日

日系米国人FWボビー・ウッド 、MLSへ即座に移籍

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 米国人の父と日本人の母をもつボビー・ウッドが、代表経験もある母国アメリカのMLSレアル・ソルトレイクへ、この夏を待たずして即座に移籍することが明らかとなった。すでに契約延長はされずに、7月1日から有効となる契約を交わしていたことが発表されていたが、火曜朝にはハンブルクとの早期解消で合意と発表。ソルトレイクとは2023年までの契約を締結している。

 2007年に14才の時に1860ミュンヘンのユースに加入したウッドは、そこでプロへの階段を上がり大迫勇也ともプレー。2015年に2部ウニオン・ベルリンへと1年在籍して、ハンブルガーSVへと加入。酒井高徳や伊藤達哉らとプレーした経験ももつ。これまでブンデス1部通算では72試合(10得点)、2部112試合(24得点)に出場していた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報