ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年04月16日

ヘルタが完全隔離、マインツ、フライブルク、シャルケ戦が延期へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ワーストケースが訪れてしまった。木曜夜にヘルタ・ベルリンのチーム内において、再び新型コロナウィルスへの感染が確認されたことを受け、kickerが得た情報によればこれからチーム全体が、2週間に渡る隔離生活へと入ることになった。これにより今週末に控えるマインツ戦をはじめ、来週半ばのフライブルク戦、そして来週末のシャルケ戦も延期されることになる。ここのところはブンデス2部で新型コロナウィルスが猛威を奮っていたが、遂にその波がブンデス1部にも押し寄せてきた格好だ。

 木曜午前にヘルタ・ベルリンでは、「パル・ダルダイ監督、アシスタントのアドミール・ハムザギッチ氏、そしてドディ・ルケバキオ」から、コロナ感染が確認されたことを発表。さらに濃厚接触者であるアシスタントのアンドレアス・ノイエンドルフ氏も隔離へと入ることを明かしており、代わりにA級ライセンスを所持するアルネ・フリードリヒSDが、ひとまず暫定監督として指揮を執。セカンドチームのマリク・ファティ監督も昇格する形でトレーニングを指導していた。

 しかしながらその木曜日の練習の後、さらにチーム内からコロナ感染の疑いがもたれるケースが発生。これは当初にドイツの大衆紙ビルトが報じたものであり、さらにkickerが得た情報によればその感染した選手は、元ドイツ代表マルヴィン・プラッテンハルトのようだ。なお選手たちは練習を終えた後、予定通りにホテルに戻ることはせず、そのまま帰宅。そしてkickerが得た情報によれば、金曜日から2週間に渡って選手、スタッフら全員が完全に隔離されるとの連絡があった模様。そのためこれから迎える上記3試合は延期されることになる。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報