ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年04月22日

ブンデス1部2部、5月12日からリーグ全体で隔離へ

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ブンデスリーガは残されたシーズン終盤戦を無事に乗り切るため、5月12日より1部2部36クラブを、隔離状態に保つことを発表した。まず選手やスタッフ関係者は、5月3日以降は自宅周辺、練習場、スタジアムでの滞在のみに限られ、定期的なコロナ検査も継続して行われることに。それから12日よりPCR検査の結果で陰性が確認された後、シーズン終了の5月22/23日までは、「隔離合宿」状態へと入ることになる。

 特にブンデス2部ではここのところ、新型コロナウィルスへの感染報告が続いてた経緯があり、さらにブンデスリーガにおいてもヘルタ・ベルリンにて、選手やコーチ陣からコロナ感染が確認。2週間に渡ってチーム全体が隔離生活に入り、4月下旬3試合分の開催が延期されるなど、ドイツサッカーリーグ機構ではその日程調整に追われる結果となっていた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報