ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年06月15日

イムケ・ヴュッベンホルスト氏、3部ヴィクトリア・ケルンのAC就任

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 イムケ・ヴュッベンホルスト氏が、ブンデス3部ヴィクトリア・ケルンのアシスタントコーチへと就任することが明らかとなった。これは月曜日にクラブ側が発表したものであり、ヴュッベンホルスト氏は「最初の話し合いで非常に多くサッカーの面における話を多くすることができ、すでに良い感触を感じていた」とクラブ公式サイトにてコメント。

 ブンデス5部相当のオーバーリーガにて、女性として初めて監督を務めた(BVクロッペンブルク、2018/19シーズン)は、2020年には4部相当にて8ヶ月監督を務めた経験をもち(シュポルトフロインデ・ロッテ)、これからはブンデス3部にてオラフ・ヤンセン監督のアシスタントコーチを務めることになる。

 主に分析分野を担当することになるヴュッベンホルスト氏について、「ビデオ分析が私にとって非常に重要」と強調するヤンセン監督は、「イムケがここで我々に力となってくれ、新しいアイデアをもたらしてくれると確信しているよ」とコメント。「コーチ陣をより豊かにしてくれる存在だ」と期待を寄せた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報