ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年07月15日

ブンデス、第3節からアウェイファンの入場を可能に

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 水曜日に行われたドイツサッカーリーグ機構の総会では、『50+1パーセント』の議論に加えて、アウェイチケットのテーマを含む、2つの具体的な決議が行われた。それによれば早ければ第3節より、ブンデスリーガ1部と2部では、アウェイファンが再び入場可能になるとのこと。

 水曜日に行われたドイツサッカーリーグ機構の臨時総会では、36のクラブが1試合あたり5%をアウェイチームのサポーターのために確保することを決議。なおこの制限が完全に撤廃されれば、以前のように10%へと戻されることになる。なお同機構によれば最初の2試合で適用しない理由は、各クラブに「ファンをスタジアムに戻す」機会にするためとのこと。

 またブンデス1部と2部のクラブは昨シーズンと同様に、2021/22シーズンにおいても、1試合あたり最大5人まで変更を可能としており、新型コロナウィルスの蔓延により急遽適用されたこのルールは、IFABではその判断を各リーグ自身へと委ねていた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報