ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年08月12日

ライプツィヒ、ミンツラフ代表と2024年まで延長

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 1.FSVマインツ05とのブンデスリーガ開幕戦を3日後に控え、RBライプツィヒはオリヴァー・ミンツラフ代表との契約を、前倒しする形で2024年まで、2年間延長する事で合意に達したことを明らかにした。

 2014年から取締役、そして2016年からマネージャーを務める、ミンツラフ氏は、昨年より代表取締役へと就任。プレスリリースの中で、「ライプツィヒは明確な哲学、永続的な発展、ピッチの内外における成長を特徴とする道を歩み続けてきた」とコメント。

 「私は今後も、この道を切り開いていきたいと思っているし、その素晴らしいチームと共に、多くのエキサイティング、かつチャレンジングな仕事へと、取り組んでいきたいと考えている」と意気込みをみせている。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報