ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2021年11月10日

「CO2排出削減のため」ブレーメンとザンクトパウリが、共にキャンプ地スペインへ

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 今季よりブンデス2部に降格したヴェルダー・ブレーメンと、現在はそのブンデス2部で首位を快走するFCザンクトパウリが、今冬のトレーニングキャンプでは共に、ハンブルクよりスペインへと向かうことを明らかにした。1月9日に予定されている帰国便についても共に戻ってくるという。

 ブレーメンのヘス=グルーネヴァルト代表取締役は、「CO2排出を極力少なくしていくために、飛行機を共有するということは当然の判断だった」と、クラブ公式サイトにて説明。ザンクトパウリのボルネマン取締役も、「ブレーメンは我々と同じ時期に、スペインの近郊え合宿を行うので、これは理にかなったものだよ」と同調した。「これは賢明な判断であり、資源節約につながる手法を見出せたと思う」
  


  • ブンデスリーガ・各チーム情報