ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2022年01月13日

ブンデス2部首位ザンクトパウリ、シュルツ監督と契約延長

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


 ブンデス2部後半戦開幕直前、首位にたつFCザンクトパウリは、ティモ・シュルツ監督との契約を更新したことを明らかにした。ちなみに44歳の指揮官との契約は今季いっぱいまでとなっていたが、新たな契約に関する詳しい情報は特に明かされていない。ボルネマン競技部門取締役は「両者は互いにリスペクトし合っていることを強調していたし、契約延長は理にかなったもの」と胸を張り、「ともに歩んできたこの道を、一貫して追い求めていきたいと思う。来季以降もともに取り組めることを嬉しく思うよ」と喜びを語った。

 2020/21シーズン開幕直前に、ヨス・ルフカイ監督の後任として就任し、現在は10年以上ぶりとなるブンデス復帰を目指している同氏は、「私がここで居心地の良さを感じていることは周知の事実。1年半前にここで素晴らしい機会を与えていただき、今はともに自分も次のステップへと進む準備ができていると思う」とコメント。1年前では最下位だったが、後半戦から猛烈な巻き返しで10位でフィニッシュ。その勢いのまま首位を堅持しており、「大きな信頼とサポートがあってこそ、共同作業というものは集中して行えるもの。我々は共通の目的をもっており、これからさらに成功をおさめるため歩みをつづけていきたい」と意気込みをみせた。
 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報